ご無沙汰しております。
ゴールドマン株式会社、営業の武藤です!

4月に入り、皆様の新たな一年も始まった事と思います。
当社にも新しい風が入りました🍃
これからもどんどん仕事に励んで参ります!
今後ともゴールドマンをどうぞ宜しくお願いいたします!

ところで本日のトピックは、「Exit Device : パニックバー」です!🚪
世界では法律化されている、避難ドアに取り付けるデバイスです。
なぜ法律になっているか?それは「ワンアクションで退出」出来なければならないからです!!
下記写真の黒いプッシュパッドを押す事でラッチが引き込まれます。
そしてそのままドアを押すだけでドアを開けることが出来るとても理に適った商品です!

現在の日本には、避難ドアにパニックバーを付ける法律がありません。
しかし、今後海外からの観光客が増えてゆく中で、避難ドアにパニックバーが無いと、どうなるでしょうか。

今の日本の方法としては下記の方法が取られています:
①サムターンカバーを外す
②サムターンを回す
③レバーハンドルを下げる
④ドアを押す
以上の方法だと、4アクション必要になる事になります。

これでは、本当の緊急時にサムターンカバーを外すということを知らない素人の人々がどの様に避難できるでしょうか?
本パニックバーはこれから必ず日本の中で必要になってゆく、使用せざるを得ない方向に向かうと考えております。
世界標準は避難ドアにはパニックバーです!

ご質問等ございましたらいつでも武藤宛てにご連絡くださいませ!
info@goldman-inc.jp

パニックハンドル/パニックバー