パニックバー 国内/海外 実例集
Panic Bar in JP and Overseas

当社が雑誌『建築防災』に掲載されました!

パニックバーの誕生秘話、海外での建築基準の概要について寄稿しました。
以下リンクから是非ご覧ください。

詳細へ

パニックバー とは?

  • 避難ドアから脱出する際に『ワンアクション』で退出を可能にするためのデバイス
  • 世界では『法律化』されているので、必ず設置が義務付けられている
  • 外部からのアクセスをコントロールする事でセキュリティの有る扉にも設置可能
  • 外部レバーハンドルを電気錠にする事が可能
  • 様々はオプションがあり、内部からのアクセスもコントロール可能
    (遅延、ブザー、信号送信)

パニックバー カタログ

ダイジェストカタログ
フルラインカタログ
ショッピングモール内階段室

納入実績表

パニックバー/パニックハンドルはこれまで外資系企業や国内でのセキュリティーレベルの高いドアに多く採用頂いております。お客様からのニーズでは、建物から不特定多数を迅速かつスムーズに退出できるようにしたい、海外では法的に利用義務があるので日本支社にも導入をしたい、スムーズなアクセスとセキュリティーの両立できる開き戸にしたいなどのお声が寄せられます。弊社ではパニックバーの新規工事、改修工事、メンテナンス工事を承ります。下記リンクから納入実績表をご覧いただけます。

納入実績表

動画で観るパニックバー

退出時の使用例

プッシュバー使用例

側面から観たパニックバー

プッシュバーを押しながらスムーズな退出ができます

日本の開き扉は・・・

1.サムターンカバーを外す

2.サムターンを回す

3.レバーハンドルを下ろす

4.ドアを押し開ける

サムターンカバー付きで4ステップが退出に必要

  • 逃げるまでの工程が多く、一分一秒を争う状況で建物から出られない。特に火災や地震の災害時に視界が悪い時には脱出が極めて難しくなる。

  • 引き手の非常口に大勢が一斉に集まると押しつぶされる可能性。最悪の場合、二次災害が起こるリスクがある。

  • 日本の非常口の現状は、危機管理に乏しく『人命最優先』ではない。

パニックバーなら迅速に退出可能

1.プッシュバーを押す

2.ラッチ(かんぬき)が引き込まれる

3.そのまま押し開けることでドアが開く

プッシュバーを押すことでワンアクションで退出可能
⇒ スムーズに素早く退避が出来る

パニックバー導入前のお客様に
今までに頂いた具体的なお悩みとは・・・

  • 地震、火災、津波など一刻一秒を争う事態で、退避が遅れてしまったり、早く退避させる方法が分からない
  • ドアの形状、周辺環境等で今使っているドアに取り付けできるか分からない

  • 外資系企業日本支社の建物にも導入したい(海外では法的に取付義務があるため)
  • サムターンカバーを使っているが緊急時に対応できるか分からない
  • 片開き、両開きに対応したい

  • 関係者のスムーズなアクセスと、外部からのセキュリティーの両立

パニックバー 導入で得られるメリット

パニックバーの種類

PANIC BAR TYPES

プッシュバータイプ
プッシュバースタイルは、近代的な建物に使用される最も一般的なスタイルであり、電気レバートリム、電気ラッチ引き込み、遅延退出、制御退出などの電気オプションが必要な場合に柔軟な対応が可能になっています。
半隠蔽型
パニックハードウェア
半隠蔽型パニックハードウェアは、ドアの正面からのハードウェアの突出を減らしますが、ドアに切り欠きを必要とし、ドアの素材を中空の金属に制限する場合があります。片開きドア、両開きドアでの使用が可能で、また機能要件に基づいて、さまざまなタイプのパニックハードウェアが用意されています。

パニックバー デバイスの種類

PANIC BAR DEVICES
1100
【 リム – RIM - 】
リム – リムパニックバーはベーシックなタイプのパニックバーです。パニックバー本体をドア面に後付け設置します。ラッチはパニックバー本体についているため、ドア縁についている拉致や錠前は取り外します。

【仕様】
■片開き
■既存ドアに設置

【両開きドア組合せ例】
■1100リムパニックバーを親扉、1200垂直ロッド式パニックバーを小扉に設置
■1100リムパニックバーを親扉、1200垂直レスボトムロッドパニックバーを小扉に設置
1200
【 垂直面付ロッド – SVR - 】
垂直ロッド – 通常、両開きドアに使用されます。ロッド棒はドア面に固定されます。デバイス中央のラッチは付いておらず、上下ロッド棒の先端に上下ラッチがかかるので、1100リムパニックバーよりも丈夫で性能に優れています。垂直ロッド棒は上下セットが標準でお使い頂きますが、「レスボトムロッド」(LBR)として下のロッド棒を使用しないでお使いいただく事もできます。ドアのデザインを生かしたい場合に適しています。

【仕様】
■片開き・両開き
■既存ドア・新築ドアに設置

【両開きドア組合せ例】
■1100リムパニックバーを親扉、1200垂直ロッド式パニックバーを子扉に設置
■1100リムパニックバーを親扉、1200垂直レスボトムロッドパニックバーを子扉に設置
1300
【 コンシールド垂直ロッド – CVR - 】
コンシールド垂直ロッド – パニックバーデバイス本体はドア面付け、垂直ロッド棒とラッチはコンシールド(隠蔽)型で、デザインを損いたくないドアへの設置に適しています。上下ロッド棒の先端にはラッチがついており、いづれも隠蔽されます。通常、両開きドアの子扉側に使用されます。

【仕様】
■片開き・両開き
■新築ドアに設置

【両開きドア組合せ例】
■1400箱錠パニックバーを親扉、1300コンシールド垂直ロッドパニックバーを子扉に設置
1400
【 箱錠 – Mortise - 】
箱錠 – 箱錠型パニックバーは、ドアに取り付けられたほぞ穴に箱錠本体が入り、ドア面に取り付けられたパニックバーハードウェアが箱錠を制御します。 3時間耐火ラベル付きの両開きドアの場合、防火戸用箱錠ハードウェアが一方のドア(子扉側)の垂直ロッド式防火ハードウェアと組み合わせて使用されますが、一部のメーカーは両方ドアに垂直ロッド防火ハードウェアを装着し、3時間耐火ドアの製品をテストしています。
1500
【 マルチポイントラッチ - 3PT - 】
マルチポイント – マルチポイントパニックバーは、1200垂直ロッドと1100リムデバイスを組み合わせたタイプで、2または3ポイントラッチングを実現します。これらは、セキュリティの目的、または爆風の要件を満たすために使用します。2ポイントラッチングの場合は上と下、3ポイントラッチングの場合は上・下・横になります。

パニックバー トリムの種類

パニックバー KLACCI 200 シリーズ
(KLACCI 1000 シリーズ トリム オプション)
ANSI/BHMA0102030505/0715
オペレーション退出のみダミー 引き手ナイトラッチ、キーでラッチ引き込みキーでラッチボルトを施錠、解錠サムピースは常に動作、シリンダーなし
トリムNo.201202203R203M205R205M215R215M
パニックバーNo.1100/11051100/11051100/11051100/11051100/11051100/1105
120012001200120012001200
130013001300130013001300
140014001400140014001400
150015001500150015001500
シリンダー
タイプ
リム箱錠用リム/箱錠用リム箱錠用
パニックバー KLACCI 300 シリーズ
(KLACCI 1000 シリーズ トリム オプション)
ANSI/BHMA0208/100914
オペレーションダミー 引き手キーでラッチボルトを施錠/解錠ナイトラッチ、キーでラッチボルトを引き込みレバー・ノブは常に動作、シリンダーなしプルラッチ
トリムNo.302308R/C308R308R/C308R309R309R314M314MTYPE "HL 400"
パニックバーNo.1100/11051100/11051100/11051100/1105
1200120012001200
1300130013001300
14001400140014001400
1500150015001500
シリンダー
タイプ
箱錠用箱錠用リム箱錠用箱錠用
パニックバー KLACCI 600 シリーズ
(KLACCI 1000 シリーズ トリム オプション)
ANSI/BHMA02080914
オペレーションダミー
引き手のみ
キーによるラッチボルトの 施錠・解錠ナイトラッチキーでラッチボルトを引込む引き手・ラッチ空錠・シリンダーなし
トリムNo.602608R608M609R609M614R614M
パニックバーNo.1100110011001100
1200120012001200
1300130013001300
1400140014001400
1500150015001500
シリンダー
タイプ
箱錠用箱錠用

パニックバー 組み合わせ例

片開き
リム・パニックバー / 垂直ロッド・パニックバー
パニックバーRIM11001,219mm × 3,048mm まで
ドア寸法
RIM1105
SVR1200
CVR1300
3PT1500
防火戸用 (3時間)RIMF11001,219mm × 3,048mm まで
ドア寸法
RIMF1105
SVRF12001,219mm × 3,048mm まで
ドア寸法
CVRF1300
3PTF15001,219mm× 2,438mmまで
ドア寸法
箱錠型・パニックバー
パニックバーMortise14001,219mm × 3,048mm まで
ドア寸法
防火戸用 (3時間)MortiseF1400
相互出口・パニックバー
2台の面付け垂直ロッドパニックバー
パニックバーSVR x SVR1200 x 12002,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
防火戸用(3時間)SVR x SVRF1200 x F1200
2台のコンシールド垂直ロッドパニックバー
パニックバーCVR x CVR1300 x 13002,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
防火戸用(3時間)CVR x CVRF1300 x F1300
相互出口・パニックバー・ボトムロッドなし
2台の面付け垂直ロッドパニックバー・ボトムロッドなし
パニックバーSVR x SVR1200LBR x 1200LBR2,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
防火戸用(3時間)SVR x SVRF1200LBR x F1200LBR
2台のコンシールド垂直ロッドパニックバー・ボトムロッドなし
パニックバーCVR x CVR1300LBR x 1300LBR2,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
防火戸用(3時間)CVR x CVRF1300LBR x F1300LBR
※補助火災防火ボルト付きの防火戸
2つのリムパニックバー・着脱式
マリオン・同じ方向開き
2台のリムパニックバー・着脱ミリオン付き
パニックバーRIM x RIM1100 x 11002,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
1105 x 1105
防火戸用(3時間)RIM x RIMF1100 x F11002,438mmx2,438mmまで
ドア寸法
F1105 x F1105
2台のスリーポイントパニックバー・着脱ミリオン付き
パニックバー3PT x 3PT1500 x 15002,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
防火戸用(3時間)3PT x 3PTF1500 x F15002,438mmx2,438mmまで
ドア寸法
※170キー付き/ 270キー付き着脱式マリオン
2つの垂直ロッドパニックバー・同一方向開き・ボトムロッドなし
(重なる召し合わせ金物なし)
2台の面付け垂直ロッドパニックバー・ボトムロッドなし
パニックバーSVR x SVR1200LBR x 1200LBR2,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
防火戸用(3時間)SVR x SVRF1200LBR x F1200LBR
2台のコンシールド垂直ロッド・パニックバ・ボトムロッドなし
パニックバーCVR x CVR1300LBR x 1300LBR2,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
防火戸用(3時間)CVR x CVRF1300LBR x F1300LBR
※補助火災防火ボルト付きの防火戸
2つの垂直ロッドパニックバー・同一方向開き
(重なる召し合わせ金物なし)

2台の面付け垂直ロッドパニックバー
パニックバーSVR x SVR1200 x 12002,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
防火戸用(3時間)SVR x SVRF1200 x F1200
2台のコンシールド垂直ロッドパニックバー
パニックバーCVR x CVR1300 x 13002,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
防火戸用(3時間)CVR x CVRF1300 x F1300
垂直ロッドパニックバーとリムパニックバー・同一方向開き
1台のリムパニックバーと1台の垂直ロッドパニックバー
パニックバーRIM x SVR1100 x 12002,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
1105 x 1200
RIM x CVR1100 x 1300
1104 x 1300
防火戸用(3時間)RIM x SVRF1100 x F1200
F1105 x F1200
RIM x CVRF1100 x F1300
F1105 x F1300
1台の箱錠パニックバーと1台の垂直ロッドパニックバー
パニックバーMortise x SVR1400 x 12002,438mmx3,048mmまで
ドア寸法
Mortise x CVR1400 x 1300
防火戸用(3時間)Mortise x SVRF1400 x F1200
Mortise x CVRF1400 x F1300

追加オプション

ドギング「(ラッチ)引き込み固定」

ドギング機能
パニック装置をドギングする行為は、ドアをプッシュプル機能として動作させるためにラッチを引き込みます。これにより、ハードウェアの摩耗や劣化が減り、建物の居住者が使いやすくなります。 ドギングは、六角レンチ、またはキーシリンダーを介して行うことができ、優先オプションで指定する必要があります。
ドギングなし

「ドギングなし」は全ての1000シリーズのパニックバーでご注文いただけます。
シリンダードギング

防火戸用パニックバーを除くすべてのモデルで使用できます。 シリンダードギングは、キーシリンダーでプッシュバーをロックダウンする機能を持ち、ドアをプッシュ/プルモード(ラッチを出さない状態)で使用できるようにします。ご注文には、 "CD"をご指定ください。31.8mmの箱錠シリンダーを使用する必要があります(シリンダーは別売です)。
フラットキー/六角レンチドギング電気式ドギング

電気仕様

電気錠
パニックハードウェアには、電気的ラッチ引き込み、電気レバートリム、遅延退出、制御退出、アラーム、スイッチ、またはその他の電気オプションを装備して、施設のアクセス制御および監視ニーズを満たすことができます。
【ELR】
電気式ドギング
電気式ラッチ引き込み

取付説明書
ELRは、ラッチボルトを遠隔で引き込ませる機能を提供します。 連続定格のソレノイドは、開錠状態または連続的にラッチボルトを引っ張り後退させることができます。 ELRオプションは、カードリーダー、トグルまたはキースイッチ、プッシュボタン、火災警報システムに適用することができます。 ELRオプションの使用にはPS100のパワーサプライ(電源装置)が必要です。

• UL / cULはクラス2の電気回路にパニックバーと防火戸パニックバーはリストされています。
• ELRはパニックバーをフラットまたは六角レンチ
手動操作で利用できます。

ソレノイドの仕様:
• 電流パルス(0.3秒):24VDC、16A
• 連続定格: 24 VDC, 0.25 Amp.

オーダー例:
品番 ELR (例. ELR 1100).
【SS】
シグナル・スイッチ

取付説明書
マイクロスイッチがプッシュバーを監視検出2つの内部スイッチがパニックバーに取り付けられています。

1つのスイッチはプッシュバーアセンブリを監視するように設計されています。 パニックバーが不正に使用されると、スイッチが有効になり、アラームが鳴ります。

もう1つのスイッチは、警報が発せられたときにストレートカムを備えた31.8mm箱錠シリンダーと接続します。ドア枠からドアまで通電金具を通して電源供給の設定をする必要があります。

電気仕様:
24 VDC, 2 Amp SPDT.
SPDT (単極双投スイッチ).

オーダー例:
品番 SS (例. SS 1100).
* 勝手と仕上げ色を指示ください。
【AL】
出口アラーム

取付説明書
出口アラームは、パニックバーの使用を「可聴、聞こえる」に「監視、見える」を可能にする簡単な方法を提供します。 本ユニットには、プッシュバーが押されたときに作動するアラームが組み込まれています。 アラームは85dbで鳴り、知らせます。 またこのユニットは、1個の標準的市販の9ボルトのアルカリ電池で動作します。 バッテリーが弱くなった場合、ホーンで断続的にバッテリ低下の警告信号を発します。また、PS100シリーズのパワサプライ(電源装置)を使用して電源を供給することもできます。

ALには、以下の機能を実行するためのキースイッチとして使用される標準的な31.8mmの箱錠シリンダーが必要です。

• 起動後にアラームを解除。
• 監視されていない連続出力のアラームを無効にします。

914mm~1,219mmの幅のドアですべての1000シリーズ装置で使用可能、ドアに貼り付けるシール:
(英文表記のみ)

ALには2つのオプションの基板が用意されています。

• 外部からの侵入阻止(EI)は、外部スイッチを使用してアラームの武装、武装解除、およびリセットを行うことができます。
•オートリセット(AR)は、あらかじめ設定した時間後にアラームをリセットします。 ARのデフォルト設定時間は5分で、手動で1-1 / 2または3分に切り替えることができます。

オーダー例:
品番 AL (例: AL 1100).
出口アラームは、既存のパニックバーに装着するためには、キットを利用して行います。 注文時に仕上げを指定ください。

オーダー例: ALK Kit.
アラームキットには、RXまたはLMの2つのスイッチキットから選択できます。 RXはプッシュバーを監視し、標準装備されています。
【RX】
リクエストでの退出

取付説明書
マイクロスイッチがプッシュバーを監視検出
RX機能は、開口部の使用を知らせるために使用されます。 このデバイスには、プッシュバーを監視する1つの内部SPDT(単極双投)スイッチが装備されています。 このデバイスは、セキュリティコンソールに接続することも可能です。警報音や電源に使用する場合は、単一のドアアラームとして使用することもできます。

電気仕様:
スイッチ定格: 24 VDC, 3 Amp SPDT.
SPDT (単極双投スイッチ)

オーダー時:
品番 RX (例. RX 1100).
【LM】
ラッチボルトの監視

取付説明書
マイクロスイッチがラッチボルトを監視検出

LM機能は、開口部の使用を知らせるために使用されます。 このデバイスには、ラッチボルトを監視する1つの内部SPDT(単極双投)スイッチが装備されています。 このデバイスは、セキュリティコンソールに接続することも可能です。警報音や電源に使用する場合は、単一のドアアラームとして使用することもできます。

電気仕様:
スイッチ定格: 24 VDC, 3 Amp SPDT.
SPDT (単極双投スイッチ).

オーダー時:
品番 LM (例. LM 1100).
【DE】
遅延退出パニックバー

取付説明書
遅延退出パニックバーは、安全な退出のためにパニックバーまたは防火戸パニックバーを装着している避難出口を制御します。 自己完結内臓型のパニックバーであり、15秒または30秒の間、無許可の人の退出を拒否し、同時にその場所またはリモートでアラームを鳴らします。 リモート監視機能は、セキュリティ担当者に誰かが退出を試みていとを警告します。 15秒または30秒間アラームは出力し、その間は退出はできません。その遅延の後、パニックバーは通常通り安全に人を退出させます。認知症、病院等の施設に最適です。

オペレーション

本パニックバーは、ロックされた状態を示す赤いLEDでロックモードを表示し、ドアを固定します。プッシュバーを間違って、または遅延時間(15秒)よりも短く押した場合にも、アラームは鳴ります。プッシュバーを7Kg未満の圧力で遅延時間(15秒)より長く押すと、パニックバーは解放され、その場所で高音のビープ音と可視赤色インジケータが表示されます。 遅延出力時間の後、ロックが解除され、アラームは安定した音に変化し、リセットされるまでアラームを発し続けます。 遠隔モニタリング接点出力を使用してセキュリティ要員に警告することができます。

遅延退出パニックバーには、ドアに貼り付けるステッカーが含まれています(英語)
注 : 30秒の遅延オプションが指定されますと、「30秒」ステッカーが提供されます(英語)

ソレノイド仕様:
• 電流パルス(0.3秒):24VDC、16A
• 連続:24VDC、0.37Amp
PS100電源が必要です。

オーダー例:
品番 DE (例. DE 1100).

上枠正面取付型 順位調整器

CR-07 / CR-09
外観特徴認定/コンプライアンス素材仕上げ品番:出寸法
• 重力式順位調整器は両開きのドアに適用され、親ドアの前に子ドアを確実に閉めることができます。

• ナイロンとゴムのローラーが静かで効率的な操作を提供し、ドアを損傷から保護します。
• ANSI / BHMA A156.3-2014 Type 21B(グレード2)に準拠。

• 3時間防火扉ハードウェアに対してUL / cUL防火定格、UL10Cに準拠。
真鍮626 (US26D) - サテンクローム

613 (US10B) - ダークサテンブロンズ
CR-07: 177.8 mm

CR-09:228.6 mm
CR-07 / CR-09 召し合わせの位置
キャリーオープンバーなしキャリーオープンバー付き
品番CR-07CR-09CR-07 CR-09
A 召し合わせなし457.2 mm ~762 mm ~ 457.2 mm ~762 mm ~
B 引き側, 親ドア
(準標)
1219.2 mm1219.2 mm762 mm1219.2 mm
C 押し側, 子ドア457.2 mm ~762 mm ~N/AN/A
D B + C1016 mm1219.2 mm
注 : 召し合わせオーバーラップ寸法: 19.1mm- 標準
キャリーオープンバー
外観特徴認定/コンプライアンス素材仕上げ
• 子ドアを開くと、キャリーオープンバーによって親ドアも自動的に開きます。
• キャリーオープンバーをフラッシュボルトと一緒に取り付けることはできません。
• ドアコーディネーターの防火用途のアクセサリーです。
•ANSI / BHMA A156.3-2014 Type 21(グレード1)に準拠。ステンレススチール626 (US26D) - サテンクローム
613 (US10B) - ダークサテンブロンズ

パワーサプライ

パワーサプライ PS100
外観
概要PS100電源は幅広い電気製品に適用できます。 ELRパニックバーの使用には100-2 PCBが必要です。 PS100シリーズには、ボックスをロックするためのキーを付けるオプションがあります。 バッテリバックアップでは、A.C.停電中に全負荷で2時間のバックアップ電源供給します。バッテリは、故障した電源が回復すると自動的に再充電されます。 火災警報は、ノーマリークロズの火報盤へのアンサーバックを提供します。 火報接点が「開いている」と、ロックまたは他のコンポーネントへの電力が遮断されます。 復旧は、自動または手動の現場での選択が可能です。

認証
UL/cULリスト クラス2, UL294, UL1034 及びULC-S3
仕様•UL/cUL リスト クラス 2 出力.
•AC入力、DC出力、バッテリバックアップのステータスを示すLEDインジケータ
•パワーサプライは、4台の遅延退出パニックバーを制御します
•回路ブレーカはマザーボードを保護します。
•標準入力オプション:
120 VAC, 1.0 Amp or 240 VAC, 0.5 Amp.

出力
24 VDC, 2 Amp or 12 VDC, 2 Amp.
パワーサプライボックス幅254mm、高さ318mm、奥行き127mm、ヒンジ付き
灰色のカバー、1.6mm厚スチール製。重量:3~3.5Kg
オプション(1) キーロック.
(2) 火災アラーム.
(3) 電源喪失時のバッテリーバックアップ(2時間)
注文時:パワーサプライの品番は、電力を必要とするパニックバーの数によって決まります。

PS101:電圧 120 VAC
PS102:電圧  240 VAC
PS101K:電圧 120 VAC キーロック 付き
PS102K:電圧 240 VAC キーロック 付き
PS101 – 2:2ゾーンコントルボード
PS101 – 4:2ゾーンコントルボード x 2個
PS101 – FA:火災アラーム
PS101 – BB:バッテリーバックアップ

通電金具

通電金具 - EPT
外観概要オーダー例:
DL-417ST
(EPT-1)
DL-370
(EPT-2)
DL-417STはスチールハウジングとフレキシブルチューブによる通電金具です。 ドア枠からドアに電気を供給するための安全で目立たないチャネルタイプです。 狭くて浅いハウジングは、ドアの縁に容易に収めることができます。最大直径9.5mmまでの電線の束を受け入れることができます。最大ドア開き角度は120度。ドアを閉じたときには完全に隠蔽されます。

DL-370は面付けの通電金具です。 最大6.3mm径の電線の束を通します。
DL-417ST 又は DL-370と指定してください。

非接触センサースイッチ

RTS1000 / RTS-1100A
外観特徴寸法・仕様
RTS-1000
RTS-1100A
・安全で衛生的、確実な出力のタッチレス・スイッチ
・手や物を前後左右に動かしたときに動作
・非接触でスイッチを作動させる赤外線センサー技術を採用
・病院、レストラン、バスルーム、研究室などのサニタリー環境に
・操作電圧: 12/24VDC
・ステンレス製フェースプレート

緊急解除スイッチ

コールポイント
外観特徴寸法・仕様
CP-32G
標準型
CP-32G-LB
バックライト付
・コールポイントは緊急時にガラスを破壊することで一括して電気制御をリセットするためのボタンです。
・オフィス・工場・学校・ショッピングモール・商業ビルなどの交通量の多い場所での使用に適しています。
・そのほかの種類・仕様はお問い合わせください。
・操作電圧: 12/24VDC
・グリーン/イエロー/ホワイト/レッド

仕上げ色

  • 仕上げ ‒ パニックハードウェアは、メッキ仕上げ、ステンレス鋼(ベース材料がステンレス鋼の場合)、粉体塗装仕上げなど、さまざまな仕上げで利用できます。

KLACCI 1000 シリーズ
カタログ・取付説明書・図面

シリーズ錠前図面概要図面(PDF)図面(DWG)

1100(非防火戸)
F1100(防火戸)

カタログ

取付説明書
106ストライクテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
106ストライク(標準扉)製品取付図
図面(PDF)
図面(DWG)
F108ストライク(防火戸)テンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
F108ストライク(防火戸)製品取付図
図面(PDF)
図面(DWG)

1100(親扉)+1200(子扉)

カタログ

取付説明書
136ストライク(両開き)製品取付図
図面(PDF)
図面(DWG)

1200(非防火戸)
F1200(防火戸)


1200-LBR(非防火戸)
F1200-LBR(防火戸)
(レスボトムロッド)

カタログ

取付説明書
106ストライクテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
106ストライク(標準扉)製品取付図
図面(PDF)
図面(DWG)
トップラッチ106+F108+215切欠きテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
ボトムラッチ227+224+225+226切欠きテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
F108ストライク(防火戸)テンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
トップラッチ106+F108+215切欠きテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
ボトムラッチ227+224+225+226切欠きテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
136ストライク(両開き)製品取付図
図面(PDF)
図面(DWG)
レスボトムロッド製品取付図
図面(PDF)
図面(DWG)

1300(非防火戸)
F1300(防火戸)


1300-LBR(非防火戸)
F1300-LBR(防火戸)
(レスボトムロッド)

カタログ

取付説明書
106ストライク製品取付図
図面(PDF)
図面(DWG)

1400(非防火戸)
F1400(防火戸)

カタログ

取付説明書
306ストライク(標準扉)製品取付図
図面(PDF)
図面(DWG)
箱錠・ストライク・シリンダー寸法図
図面(PDF)
図面(DWG)
箱錠・ストライク・シリンダー切欠きテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)

F1500(防火戸)
1500(非防火戸)


1500-LBR(非防火戸)
F1500-LBR(防火戸)
(レスボトムロッド)

カタログ

取付説明書
3点ラッチ:106ストライク(標準扉)テンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
3点ラッチ:F108ストライク(防火戸)テンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
3点ラッチ:標準扉製品取付図
図面(PDF)
図面(DWG)
3点ラッチ:トップラッチ106+F108+215切欠きテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
3点ラッチ:ボトムラッチ227+224+225+226切欠きテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
2点ラッチ:106ストライク(標準扉)テンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
2点ラッチ:F108ストライク(防火戸)テンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
2点ラッチ:トップラッチ106+F108+215切欠きテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)
2点ラッチ:レスボトムロッド(標準扉)切欠きテンプレート
図面(PDF)
図面(DWG)

Von Duprin Panic Bar
ヴォン・デュプリン パニックバー

Von Duprin 98/99(ヴォン・デュプリン)

98/99シリーズ カタログ

Von Duprin 94/95(ヴォン・デュプリン)

94/95シリーズ カタログ

Micro Switch Push Bar
マイクロスイッチプッシュバー

PBAシリーズ
マイクロスイッチ プッシュバー

カタログ

PBHシリーズ
メカニカル電気錠プッシュバー プッシュバー

カタログ

製品概要

  • 建物からの素早い避難を可能にします
  • タッチバーを軽く押すだけで誰でも簡単にドアを開閉できます
  • タッチバー、プルハンドル、片開き、両開きなど種類が豊富
  • オプション:電気的制御・セキュリティー導入・防災システム
  • パニックバー/パニックハンドルは、建物から人々を素早くスムーズに外部へ避難させるための大変重要なデバイスです。安全性の確保、また外部からの侵入者を完全に阻止し、これらを同時に満足させるために開発された人命最優先のハードウェアです。オプション機能を付加することで電気的制御、防災システムとの連動も可能です。公共施設、病院、学校、劇場、美術館、映画館等の大勢の人が集まる場所でスムーズな退避・退出を可能にします。

  • 本製品は通常の使用方法に於いて、各部品および製造に関する問題に関してのみ出荷日から1年間の保証を致します。本製品は品質の向上の為予告なしで変更する事が有ります。

メーカー工事区分の詳細は以下の表をご参照下さい

メーカー工事区分は以下をご参照下さい

当社の「メーカー責任施工」にて実施する施工区分と、建築会社様(工務店様)電気工事会社様ドアメーカー様、セキュリティ・防災工事会社様にてご対応頂く工事区分をご案内いたします。

パニックバー 工事区分
ゴールドマン(株)
メーカー施工範囲
(弱電工事+サッシ工事)
1. 既存錠前の撤去+穴塞ぎプレートの設置
2. 既存扉の場合、テンプレートによる切欠き
3. パニックバー及び外部トリムレバーハンドルの取付
4. その他弊社取扱製品の取付・結線、試運転調整、内容説明
(マグネット電気錠・パワーサプライ制御盤・通電金具・コールポイント 他)
建築会社様
(内装工事含む)
(当社外)
1. 工事全般のコーディネート
2. 壁補修工事(必要に応じて)
ドアメーカー様
(サッシ工事)
(当社外)
1. 既存ドアの穴開け加工、ドア内配線、通電金具の取付、枠内配線 
電気工事会社様
セキュリティ会社様
(当社外)
1. 100VAC電源工事(コンセント渡しにてご支給下さい)
2. 全体の配線・通線及びセキュリティ制御盤との結線
パニックバー 工事区分
ゴールドマン(株)
メーカー施工範囲
(弱電工事+サッシ工事)
1. 既存錠前の撤去+穴塞ぎプレートの設置
2. 既存扉の場合、テンプレートによる切欠き
3. パニックバー及び外部トリムレバーハンドルの取付
4. その他弊社取扱製品の取付・結線、試運転調整、内容説明
(マグネット電気錠・パワーサプライ制御盤・通電金具・コールポイント 他)
建築会社様
(内装工事含む)
(当社外)
1. 工事全般のコーディネート
2. 壁補修工事(必要に応じて)
ドアメーカー様
(サッシ工事)
(当社外)
1. 既存ドアの穴開け加工、ドア内配線、通電金具の取付、枠内配線 
電気工事会社様
セキュリティ会社様
(当社外)
1. 100VAC電源工事(コンセント渡しにてご支給下さい)
2. 全体の配線・通線及びセキュリティ制御盤との結線