最近、大変多くのお問い合わせを頂いております「マグネット・ドアホルダー」ですが、

そもそもどの様な製品なのでしょうか?多くの方は「レリーズ」と勘違いをされがちです。

しかし、こちらの製品は根本的な概念が異なってきます

そこで、今回のNEWSはそんなマグネット・ドアホルダーと一般的なレリーズとの違いについてお話ししたいと思います。

 

マグネット・ドアホルダーとレリーズ:

両製品は共に、防火戸を合法的に開放・保持致します。

しかし、ここで違いがあります!

マグネット・ドアホルダー常時通電型・火災時には信号を送りホールドを解除、ドアはドアクローザーにより閉めます。

電線が焼け焦げても、何があっても防火戸は確実に閉めます

一般的なレリーズ火災時通電型・火災時に電気を通し、レリーズを開放し、ドアを閉めます。

火災時に電線が何らかの影響で「断線」または「破断」すると・・・

レリーズに信号が行かなくなり、防火戸を閉めることが出来なくなる

火災時にどんな状況においても確実に「通電」が出来るでしょうか?

マグネット・ドアホルダー(世界基準)は日本の「逆」なのです!

 

20130424221643_image_19     4O744Ob44Or44K_44KZ44O8?= (東京、大手町ビル).